クラススケジュールに若干の変更があります。

緊急事態宣言解除になり、3月からの夜のクラスは以前と同じ19時30分スタートとなります。

体育館研修室19時~の21時までおさえてありますので、
早く来て 瞑想したり、ストレッチしたりしていても良いですよ~✌️


土曜日のクラスは しばらく リード(誘導)クラスになります。

基本アシュタンガベースですが、カラダの使い方にフォーカスしたり、ひとつのアーサナに時間をかけて丁寧に解説したり、呼吸やバンダをもっと理解するためのワークを施したりします。
伝統的なアシュタンガヨガと運動学の統合です。

初心者から上級者までレベルに関係なくご参加ください。


もう何年も練習されている方にとっては え?リード・・・ と思うかもしれませんが、何年も練習されている方こそ何度も初心に戻ることは必須です。

同じアーサナでも、見かた(持って行き方、意識の方向など)を変えたら、全然違う世界があります。
この世界を見る(知る)だけで超~~新鮮で楽しい。カラダの神秘を感じます。
時には自分にショック(笑)も。

それもこれもひっくるめて受容するココロを育むのがヨガです。


スタンディングポーズで、いつまでもできない、しっくり来ないアーサナがあるのに、おざなりにして先へ進んでいませんか? 
アシュタンガの練習だけやっていればいつかわかる・・・なんて思って 3年以上たつのなら、見かたを変える必要があります。アーサナは運動学から見たら姿勢のことです。
そのアーサナを徹底的に学び分析し、ポイント練習(軸トレやアーサナ塾)する必要があるのです。自分の弱い部分を知り改善に向かう練習をしないまま先へ向かってもカラダを痛めるでしょう。


アシュタンガは シリーズが進めば進むほどいろんな壁にぶち当たります。
それを乗り越えてこそ楽しさが味わえたりもします。
依存から自立へ向かう練習。

いつまでも 誰かに言われないと 出来ない・・・から
自分から進んで練習し、ちょっと助けてもらう(ヒントを貰う)方向へ・・。

インストラクターの誘導は ちょっと助ける にすぎません。

最初の数か月は そんな感じで練習し、慣れたら自立して行く。
自立して練習し慣れたらまたちょっと助け(ヒント)を貰う。

そんな繰り返しが理想的ではないでしょうか。。。



初心者が増えたこともあり、その方たちを 自立へ導く方向へ育てたいという私の思いもあります。

もう何十年も指導していますが、やはり自立(いろんな意味で)した人にしかヨガの効果恩恵は
出ていない・・・。
という事実。

新年度に向かい 新しい方も更に来やすくするよう、そして、ちゃんとエビデンスをもった身体の使い方をお伝えしたい。

昨年のコロナ休暇から 多くの時間ができ、学び直し、引き出しパンパンの今、それをアウトプットするタイミング・・・。

ヨガはちゃんとやらなきゃ損!(笑)


皆さん 無理なく ちょっと頑張るを 継続しましょう。

DSC_0249